Question

暑い時期、弁当による食中毒が心配

春からの独り暮らしをきっかけに、節約とダイエットを兼ねて弁当作りをしています。ただ、最近は暑い日が多くなり、食中毒が心配です。

男性/20代

2021/12/21

Answer

食中毒は、「細菌」や「ウイルス」などによって引き起こされる病気で、一年を通じて発生しています。細菌が原因となる食中毒は、気温が上昇する6月から8月に多く発生します。食中毒は、家庭での調理でも発生しますので、食中毒を防ぐためのポイントを知り、安全においしく食べましょう。


食中毒の原因となる細菌は、肉や魚などの食材、食器用スポンジやふきん、まな板などに付着しやすく、いろいろなところを触る自分の手にも付着しています。細菌をつけない、増やさない工夫が大切です。


◎原因菌をつけない工夫をしましょう

手洗いは、腕時計や指輪を外して行いましょう。トイレや調理以外のことをした後、肉、魚などの生鮮食品に触れた後、そして調理や盛り付け前にも手洗いをします。

まな板や包丁、調理中の箸などは、生ものと加熱したもので別にするか、そのつど洗うかしましょう。


◎細菌を増やさない工夫をしましょう

弁当は、水分が多いと細菌が増えやすくなります。おかずの汁気をなくし、湯気で水滴ができないよう、冷えてからふたを閉めましょう。

生野菜や果物は、しっかり洗い、水気を切ってから詰めます。

弁当は、なるべく涼しい場所に置きます。保冷剤やクーラーボックスなどを活用するといいでしょう。

また、弁当箱のパッキン部分は汚れやすいので、分解してしっかり洗い、水気をなくしてから使いましょう。


◎加熱処理で細菌を退治しましょう

肉や魚は、中心までよく加熱し調理します。卵焼きや冷凍食品もしっかり火を通しましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

食中毒
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。