Question

再婚したいが中1の息子の気持ちが気になる

中学1年生の息子がいるシングルファーザーです。5年前に前妻と離婚し、現在、交際中の女性と再婚を考えていますが、息子の気持ちを考えると、再婚を迷っています。女性とは何度か会わせたことがあり、再婚の意志も伝えましたが、「別にいいんじゃない」という素っ気ない返事でした。思春期なせいもあり、最近は家でも口数が少ないため、息子の本心がわかりません。子どもにとって母親がいたほうがよいという思いもありますが、息子が多感な今の時期に再婚すべきかどうか悩んでいます。

男性/40代

2021/12/21

Answer

5年前に離婚された後、息子さんを一人で育ててこられたのですね。お仕事もしながらでしょうから、かなり大変だったのではないでしょうか。がんばってこられましたね。そして、現在、再婚したいと思える女性と巡り会えたのですね。そのこと自体はとてもすばらしいことだと思います。


しかしながら、それが息子さんにとってどう影響してくるかは、慎重に考えた方がいいように思います。まず、息子さんは、今も前妻であるお母様と会っている状況なのか、それとも交流がない状況なのかが、ひとつのポイントだと思います。もし、前者であるなら、息子さんにとっては、実の母親が「お母さん」であり続けていますので、現在交際中の女性を「母親」と認めることに抵抗が強いのではないかと思います。後者であったとしても、中学1年という年齢ゆえのむずかしさがあるのではないかと思います。


今まで父親と二人三脚でやってきたところに、新しい人が家族として加わるということは、「お母さんができた」という喜びやありがたさよりも、「父親をとられた」という思いや、新しく来た大人にどう接したらいいかわからない戸惑い、もしかしたら、“父親-母親”というペアというよりは、“男性-女性”という異性同士のカップルを前にしての複雑な気持ちも出てくるかもしれません。思春期で第二次性徴も出てくる時期ですので、ただでさえ性的な不安や混乱が生じやすい時期です。また、自分自身のこと、友達のこと、成績のことなど、いろいろなことに日々頭を悩ませ、葛藤が起こりやすい時期でもあります。その上、父親の交際相手が母親として家族に加わるというのは、かなりストレスフルな事態になる可能性もあります。


事情が許すようであれば、息子さんが高校を卒業した後か、せめて17歳あたりまで、再婚を待った方が無難かもしれません。その間に家に来てもらったり、一緒に出かけたり、ゆっくりお互いに知り合う時間を持つことができれば、息子さんにとっても、新しく家族になる交際相手にとっても、じっくり気持ちの整理をする余裕が持てるでしょう。


また、通常そのくらいの年齢になると、「父親と言えども、短所も長所もある人間なのだ」と、親を等身大の存在として受け入れる精神的な素地ができてきます。精神的に成熟していくことで、父親の再婚相手も、「母親」というよりは「父親を幸せにしてくれる女性」として受け入れる余裕が出てきますし、「自分は将来自立するためにがんばるから、お父さんも新しいパートナーとがんばってほしい」と、祝福してくれるかもしれません。


ただ、今までの記述は、あくまで「息子さんの気持ちや立場を最優先にする」という前提でのことです。そこまで待たなければならない交際相手の立場や、結婚して再び伴侶を得たいというあなたの希望もあると思います。もしも、いろいろな事情から「今すぐ結婚する」ということになったとしても、それも「あり」だと思います。結婚はご縁のものですし、いろいろ心配しても、いざやってみたら息子さんも含めスムーズに事が運ぶ、ということもあります。慎重に息子さんのことを考えていても、うまくいかなくて「こんなはずじゃなかった」ということもあり得ます。何を選ぶのが正解、というものはないのです。


いちばん重要なのは、結婚の当事者であるあなたが、結婚を今すぐするにしても、しばらく待つにしても、ご自身の決断に責任を持つということだと思います。例えば、息子さんに対して「お前のために結婚した(あるいは結婚を延期した)」などと伝えて、決断の要因を息子さんのせいにしない姿勢を貫いてください。本当は、それがいちばん父親として、大人として大事なことですし、生きる姿勢をお子さんに示すチャンスでもあるのではないでしょうか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

結婚
思春期
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。