PWV(脈波伝播速度)

最終編集日:2022/7/29

PWV(Pulse Wave Velocity)は、血管の硬さを調べる検査です。心臓から押し出された血液が動脈を伝わっていくスピードを測定することで、血管の壁の硬さや詰まり具合を調べます。ベッドに仰向けになり、両うで、両足首に血圧計(マンシェット)を巻いて測定します。所要時間は3~5分です。


検査でわかること

血管の壁が硬いほど拍動は早く伝わるので、硬くなっている場所や程度を推測できます。数値が高いほど血管の壁が硬くなっていることを示します。動脈硬化の程度がわかる検査です。


基準値

1400 cm/s未満
(日本循環器学会)
※ただし、年齢、血圧などにより変動が大きい


関連する検査

ABI(足関節上腕血圧比)

監修

寺下医学事務所 医学博士

寺下謙三

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。