不規則抗体検査 <妊婦健診>

最終編集日:2022/7/29

輸血や妊娠、分娩によって、自分の血液型と違う血液型の血液が体内に入り、赤血球に対する新たな抗体がつくられることを不規則抗体といいます。
この不規則抗体をもっていると、輸血時に重い副作用を起こすこともあるため、事前に血液を準備しておく必要があります。また、不規則抗体が妊婦の胎盤を通して胎児の赤血球を壊し、新生児溶血性疾患をひき起こす可能性もあります。
検査で妊婦の抗体値を確認して、早い時期から妊婦と胎児を管理していくことが大切です。
検査は、妊娠初期に間接クームス試験という方法で行われ、陽性 (+) と出た場合はさらにくわしい検査が必要となります。

監修

寺下医学事務所 医学博士

寺下謙三

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。