Question

足の巻き爪がほとんど伸びていない

足の親指が巻き爪で、爪が皮膚に食い込みそうだったのでこまめに切っていたら、爪が小さくなってほとんど伸びていないような気がします。何かの病気の可能性はありますか?

女性/40代

2024/01/02

Answer

爪の伸び方に影響する要因として、季節によるものや栄養状態、貧血の有無、爪のもとになる部分の血液が十分ではない、などが挙げられます。また、爪を短めに切っていると伸びが遅いように感じられることもあるとは思います。


足の爪はもともと伸びが遅く、小さい爪はあまり伸びないと感じることが多いようです。しかし、爪を作っている爪母に問題がなければ、ゆっくりでも伸びてきます。今ある爪の下に新しい爪ができていて、生え変わりのタイミングで爪が伸びないように感じる場合もあります。また巻き爪の場合は、爪を短く切ると巻き爪がひどくなり、痛みが起こって再び爪を短く切るという悪循環になってしまうことがあります。皮膚科を受診し、爪の状態や爪のケア法などについて一度相談されてはいかがでしょうか。


爪はたんぱく質でできています。爪を丈夫にするためには、たんぱく質(肉、魚、豆腐など大豆製品、卵、乳製品など)のほか、ビタミンA(にんじん・かぼちゃなどの緑黄色野菜、魚、レバーなど)、ビタミンB(大豆製品、豚肉、鶏肉、魚介類、玄米、そば、乳製品、納豆、卵、さつまいも、バナナなどの果物)、ビタミンD(あじ・さんまなど背の青い魚、乳製品、きのこ類など)を意識し、食事のバランスをとることがとても大切です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

爪のトラブル
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。