Question

4カ月児が立ち上ろうとする

月齢4カ月の子どもは元気がよく、横になったまま手前に腕を引っ張るとお座りし、立ち上がろうともします。本人は立ちたいようで、支えておくと数秒間は立つ姿勢が保てます。子どもは喜んでいるものの、首が据わっただけでまだお座りもハイハイもできない段階で、立たせる行為を繰り返してよいでしょうか?

男性/30代

2023/08/22

Answer

一般的に、4カ月児の約半数が、脇の下を支えると足を突っ張り出すといわれます。足を突っ張り始める月齢は個人差が大きく、その後の成長発達とはあまり関係ないといわれています。10カ月頃につかまり立ちをするようになることが多く、その頃までに足を突っ張れるようになれば、問題ありません。

3~4カ月の赤ちゃんは、徐々に首が据わり、視界が広がります。視界が広がって、いろいろなものに興味が出て、何かをつかもうとし、つかんだものを口に運び、舌や唇で感触を確かめます。また、からだをいろいろと動かしてもらうことを喜びます。


お子さんが横になっているときに手前に腕を引っ張るとお座りをしたり、そのまま立ち上がろうとするのも、そうした意欲の現れの1つでしょう。赤ちゃんの表情をみながら、喜ぶ範囲内で、運動遊びをしていただくといいでしょう。

首がしっかり据わり、うつ伏せの姿勢でも首を支えられるようになったら、この姿勢で遊ばせてみるのもいいようです。うつ伏せの姿勢は、全身の運動機能を促進させるともいわれます。

どの運動も、赤ちゃんが楽しんでいることが大切で、無理に行わせようとしないでください。その子のペースに応じた楽しい遊びが運動につながるよう、反応をみながら行っていただくとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

月齢4カ月
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。