Question

緑黄色野菜が苦手、食べ方の工夫は

緑黄色野菜が苦手でとりにくいのですが、食べ方の工夫を教えてください。

女性/30代

2021/12/21

Answer

緑黄色野菜は、カロテン(ビタミンA)以外にビタミンCや鉄分も豊富です。季節ごとにいろいろな種類の緑黄色野菜をとりましょう。1日の摂取目標は120g(小鉢に約2皿)以上です。


 生で食べることができる緑黄色野菜には、トマト、パプリカ、青じそ、水菜、にんじん、ピーマンなどがあります。これらは、食べやすく切って、そのままサラダにしたり、添え野菜にしたりすると、手軽に利用できます。また、温野菜にすると食べやすいものには、かぼちゃ、ほうれんそう、グリーンアスパラガス、ブロッコリー、にら、春菊、小松菜、オクラ、さやいんげん、ししとうなどがあります。


 調理法は、焼く、蒸す、煮る、炒める、揚げるなど、色々な方法があります。ゆでた青菜を冷蔵、または冷凍しておくと、みそ汁やめん類などに加えて手軽に補うことができます。

 また、カレーには、定番のにんじんだけでなく、トマトやさやいんげんを入れると一度に2皿分の緑黄色野菜がとれます。スープやみそ汁に積極的に使うのもよいでしょう。サラダを食べるときは、レタスやキュウリの淡色野菜だけでなく、オクラ、いんげんやブロッコリーをゆでて混ぜると緑黄色野菜がいっしょにとれます。


 このようにさまざまな方法で、とり入れるようにしてみましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

野菜
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。