Question

こんにゃくを食べすぎることの弊害は

便秘予防にこんにゃくを毎日食べています。食べすぎによる弊害はありますか。

女性/30代

2021/12/21

Answer

こんにゃくは腸内細菌によって大腸で分解され、分解物が適度に腸壁を刺激して腸のぜん動運動を活発にします。便量は増やしませんが、便秘防止に有効です。


なお、こんにゃくに含まれる水溶性食物繊維は、人間の消化酵素では消化できないため、とりすぎると下痢の原因になります。また、胃の中でとどまっている時間が長いので、胃に負担がかかる場合があります。


また、こんにゃくは水分が97%で、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどをあまり含まない食品です。こればかり食べていると、栄養素不足が心配です。食材の一つとして、食事に上手にとり入れるとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

健康トリビア
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。