Question

イクメンアピールをする夫にイラつく

夫婦共働きで幼児2人の子育て中です。日々、仕事に家事、育児に追われ、心身ともに疲れ切ってしまうことも多々あります。そんな中、夫は休日にたまに子どもと遊んだり、家事を手伝う程度で、全体の1割くらいしかやっていません。それなのに「いつも子どもと遊んでいる」「家事も積極的に手伝っている」などと外にアピールし、イクメン気取りでとてもイラつきます。それを聞いた周囲から「よい夫を持って幸せね」などと言われてさらに腹が立ちます。

女性/30代

2023/06/07

Answer

幼い2人のお子さんの育児と仕事の両立は、想像以上に大変ですよね。目まぐるしい毎日の中で必死に頑張っている姿が目に浮かびます。そのような中でのご主人のイクメンアピールには、さぞかし腹が立つことだろうとお気持ちをお察しします。

近年では以前に比べて育児や家事を積極的に行う男性も増えましたが、それでも女性の負担のほうが大きい状況は変わらないように思います。もし共働きで仕事の負荷やプライベートの時間が同程度であれば、育児、家事も同じくらいの負担にできるとよいですよね。


時代が変わったとはいえ「家事や育児は女性がやるもの」という古い固定観念はいまだに根強く残っているのかもしれません。それが家事や育児に対する男性の意識の低さにつながってしまっている側面もあるように思います。もちろん意識の高い男性もたくさんいますが、ご主人はもう少し理解を深める必要があるかもしれません。女性であれば「自分の子どもと遊んだり、家事をするのは当たり前」と言われてしまうので、家事を「手伝っている」と表現したり、イクメンアピールをすることには違和感がありますよね。


もし、現状を改善していきたい場合には、やはりご主人と時間をとって話し合うことが大切になると思います。ただ気をつけたいのは、ご主人は本当に自分を「イクメンでよい夫」だと思っている可能性が高いという点です。つまり、自分が当たり前のことをしているだけで、5割やるべきところを1割しかできていないことに気づいていないのです。この点に気づいていれば、そもそもアピールをしないですよね。この場合、突然妻から責められたり非難されたりしても理解できず、自分は協力しているのに、と不満や怒りを感じてしまう可能性もあると思います。


難しいかもしれませんが、話し合いの際にはいったん感情を横に置いて、まずはご主人が現在してくれていることに感謝の気持ちを伝えた上で、家事や育児の分担について今一度見直していきたい旨を伝えられるとよいと思います。そして実際にどのような家事、育児があるかを具体的に書き出すなどして目に見える形にしてみてはいかがでしょう。お互いに何を分担しているのか、はっきりとわかるようにすると、ご主人も自分の分担が少ないことに気づけるのではないでしょうか。


おそらくそういった話し合いをしても、分担をすぐに半々にすることは難しいでしょう。しかし、ご相談者が多くを担っていることへのご主人の理解が深まれば、イクメンアピールをすることは少なくなるのではないでしょうか。

相手の認識を変えるには時間や根気強さも必要になりますが、これから2人が気持ちよく暮らしていくためにも、ぜひ話し合う時間を持ってみてくださいね。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス
仕事と家庭の両立
パートナーの悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。