Question

心電図で「完全左脚ブロック、左室肥大」の指摘あり

健康診断の心電図検査の結果に「完全左脚ブロック、左室肥大」とありました。前にも同じ指摘があり、受診をして検査を受けたけれど、問題ないと言われました。また同じ結果が出たら、再度、同じ検査を受けるしかないのでしょうか?

女性/40代

2023/01/26

Answer

心電図検査の結果に、完全左脚ブロックと左室肥大と書かれていたのですね。健診で所見があると、今後どのように対処していけばよいのかを疑問に思われるのも当然のこととお察しします。 心電図は、心臓の電気的な活動を捉えてグラフにしています。それぞれの所見についてご説明します。


左脚ブロックは、心臓の左側の電線の流れが悪くなった状態を指しており、完全左脚ブロックは、電気刺激を伝える線維群の左側前・後2本ともにブロックされた状態です。心筋障害が起きている場合があるため、人間ドックや健診で指摘された場合は、受診して検査をすることがすすめられます。


心電図上から指摘される左室肥大は、さまざまな場合があり、心臓病以外に、やせた方や肥満の方などは実際に肥大がなくても心電図の見かけ上、左室肥大と出ることがあります。健診は、あくまでも一次的なスクリーニングのため、再検査や受診などの指示が書かれている場合は、それに沿うことが推奨されます。


ご相談者の場合は、指摘を受け、受診されたということですが、要再検査などの指示が出たときは再受診していただき、今後、健診で同じ指摘を受けた場合について確認をしておかれるとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。