Question

コーヒーを飲むと軽い躁状態に。原因は何?

ふだんはほとんど飲まないのですが、たまにコーヒーを飲むと、ゾワゾワした感じになり、気分が軽い躁状態になります。緑茶や紅茶などではならなくて、コーヒーを飲んだときだけその症状が出ます。カフェインが原因でしょうか?

男性/30代

2022/11/14

Answer

コーヒーを飲んだときだけ、軽い躁状態になるのですね。質問内容だけで原因をはっきりとご説明することは難しいのですが、一般的なコーヒーの成分や作用、気分が変わることについてご説明します。

コーヒーに含まれる成分の代表的なものに、カフェインがあります。お茶や紅茶、ウーロン茶といったほかの飲み物と比べると、多く含まれています。


カフェインには覚醒作用があり、頭をスッキリさせたり集中力を高めたりする効果があります。ほかにも中枢神経を刺激して、自律神経の働きを高めるなど、いろいろな効果があります。中枢神経が過剰に刺激されると、心拍数の増加や興奮、震えなどが出る場合があります。

カフェインをどのくらいとると作用を及ぼすかという感受性は、かなり個人差が大きいといわれています。その他の成分としては、コーヒーポリフェノールがあり、脂肪燃焼に役立つといわれています。


次に、気分が軽い躁状態になる原因についてです。はしゃいで調子が高い状態を「躁状態」と呼んでいます。程度が軽いと「軽躁状態」といいます。普通でもうれしいことがあれば、数日はウキウキすることがありますが、それ以上続いたり、生活に支障が出たりすると、受診が必要な場合があります。

ご相談者が、どの程度カフェインに影響されているか推測するのは難しいですが、カフェインの感受性が高いと思われる場合は、飲むのを控えるなどされてみるとよいでしょう。コーヒーと関連なく気分が軽躁状態になり困るようなことが起きた場合は、一度医療機関でご相談されるとよいでしょう。


回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

嗜好品
躁状態
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。