Question

頭に脈動を、耳の裏から鼓動を感じるのは異常?

静かにすると頭に拍動を感じ、耳の後ろから鼓動が聞こえます。異常なことでしょうか?

女性/30代

2022/08/05

Answer

脈拍のような音が聞こえる場合、耳のなかや聴覚神経の近くの血流の音(内頸動脈などの拍動)が聞こえている場合があります。脳血管のどこかが詰まっているというわけではありません。


一般的な耳鳴りは、聴覚異常が原因で、本人にしか聞こえないものです。しかし、血流の音が聞こえている場合は、本人の頭に耳を近づけたり、聴診器を用いたりすれば、他人にも聞こえることがあります。その場合は、外耳、中耳、内耳や聴覚神経近くの血管に、何らかの異常があり、血流の音が通常より大きな雑音になっていることが考えられます。原因となる血管異常は、脳内の動脈瘤や動静脈奇形などです。命に危険がおよぶ恐れがあれば、治療を必要とするケースもあります。


まず、雑音のリズムが脈拍と一致しているか、自分で確かめてみましょう。一致しているなら、血管性雑音の可能性があります。何らかの病気で頭のなかで動脈と静脈がつながると、心臓の拍動に一致して「ビューン、ビューン」や「ザー、ザー」という、明らかに耳鳴りとは異なる雑音です。脳硬膜えに発生した動静脈奇形(どうじょうみゃくきけい)という病気や、頭部の外傷が原因となります。頭部の聴診で雑音が聞こえ、後頭部や側頭部の動脈を押さえて血流を遮断すると雑音が消失する場合は疑いが濃厚です。確定するには脳血管の精密検査が必要で、高性能のMR診断装置を備えた脳神経外科のある病院を受診し、MR脳血管撮影を受けることをおすすめします。


次に、画像検査設備の整った医療機関の耳鼻咽喉科の医師に相談し、他人にも聞こえるか、判断してもらいます。他人にも聞こえるのであれば、MRA(磁気共鳴血管撮影)検査を受け、血管異常の有無を調べます。異常があれば脳神経外科を紹介してもらい、治療が必要かどうか診断してもらうとよいと思います。


ただ、脈拍と一致する雑音でも、他人に聞こえないことはあります。この場合、命に危険をおよぼす血管異常があることは、まずありません。難聴を伴うことが多く、障害を起こした聴覚がふつうは聞こえない耳のなかの血流の音を認識していると考えられます。一般的な慢性の耳鳴り同様、慣れるようにすることが治療の目的になります。



回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。