Question

歯科診療でのクラウン・ブリッジ維持管理料とは?

歯科の治療費で、クラウン・ブリッジ維持管理料とは、どのようなものですか?

男性/40代

2022/07/16

Answer

インレーを除く金属歯冠修復、レジン前装金属冠、ジャケット冠、硬質レジンジャケット冠などを医療保険で治療した場合、治療費にクラウン・ブリッジ維持管理料をプラスする歯科医療機関があります。

その場合、クラウン、ブリッジを装着した日から2年以内に壊れて新たにつくり直すとき、その部分の検査費、製作費、装着費は無料となります。ただし、初診料やその他の治療費、6歳未満の乳幼児、訪問診療は対象外です。


つまり、クラウン・ブリッジ維持管理料とは、2年間の保障のようなものです。なお、クラウン・ブリッジ維持管理料がプラスされない場合で、2年以内につくり直す際は、検査費、製作費、装着費などは、通常の7割の料金となります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

歯科
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。