Question

極度の人見知り。人前で話すのも苦手……

昔から人見知りが激しく、友だちもすぐできませんでした。気心の知れた人以外とは目を合わせて話すのが苦手で、人の視線もよく気になります。そのため、人と目が合わないように下を向いて歩いてしまいます。人前で話すと声がふるえ、顔は赤く、からだは熱くなり、失敗したくないという気持ちが強いので、極力、人前で話すことを避けてきました。また、同時に話してしまうのが嫌でなかなか自分から話せません。これは気にしすぎなだけでしょうか?

女性/~10代

2022/07/01

Answer

人見知りが激しく、友だちづくりにも苦労されているようですが、気心の知れた人がいるということは、すばらしいと思います。また人前で話すことも苦手で、極力避けてこられたようですね。苦手なことを避けることも立派な対処法の1つですが、日常生活を送るうえでは、人とのかかわりや視線を避けようとしても限界があり、つらい思いをすることも多いのではないかと思います。


人の目は気になるもので、人前で目立つ場面では程度の差こそあれ、誰しも緊張してしまうものです。声のふるえや赤面、からだが熱くなるということも、緊張からくるからだの反応の1つです。自然な反応でもあるのですが、そんな自分が他人の目にどのように映っているのかがひどく気になったり、どうしようと焦ったりして、ますます症状が悪化してしまうことも多いようです。ご相談者の場合は、「失敗したくない」という気持ちが強いことで「絶対失敗してはいけない」という思いが強まり、より緊張してしまうのかもしれませんね。このような考え方の癖に気づいたら、こころが少し軽くなるように、よりポジティブな考え方に変換してみるのも1つの方法です。例えば「失敗したらどうなるか」と考えてみると、そんなに大変なことは起こらないかもしれません。「失敗することもあるかもしれないけれど、うまくいくかも」と捉えると、気持ちが少し軽くなりませんか。


同時に話してしまう点についても、同様に検討してみてはいかがでしょうか。また、家族や気心の知れた友人にこの悩みを話し、アドバイスをもらったり、一緒に練習してもらったりするのもよいかもしれません。場数をふんで成功体験を積み重ねることで、自然と気にせずに済むようになったり、うまくコントロールできるようになる可能性もあります。ただ、あまりに苦痛に感じるなら、一度メンタルクリニックなどの専門家に相談してもよいでしょう。薬の服用やカウンセリングなどが、改善の一助になるかと思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

緊張
性格の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。