Question

子どもがあいさつができない

娘は、マンションのエレベーターなどで知っている人といっしょになっても「こんにちは」が自分からいえません。私はいつもあいさつをするように心がけ、娘にもあいさつが基本だよと教えているのに、どうしてできないのでしょうか。(3歳5か月|女児)

女性/30代

2021/12/21

Answer

人とのコミュニケーションはまずあいさつから、といってもいいでしょう。その意味で、親が人と会ったら自分からあいさつをするという習慣を身につけているのはとても大切なことですね。子どもも自然に、人と会ったらあいさつをするものと、覚えていくでしょう。けれども、あいさつは、その言葉や話しかけ方を知っただけでできるものではありません。心に余裕があり、気持ちが外に開かれていないと、言葉は口をついて出てこないのです。子どもが、なにかの理由でひっこみ思案になっていたり、まわりの人が怖かったりすると、人とのやりとりも消極的になりがちです。また、親のほうが教えようとして、あいさつをたびたび強いていると、子どもはただ型どおりのまねをしたにすぎなくなり、ときにはいやになってしまいます。まず、子どもがふだん自分の気持ちを表現できて生き生きと過ごせているかどうか、気をつけてあげましょう。子どもの関心が外に向き、元気なら、見守っているうちに自然とあいさつをするようになるでしょう。

回答者

【執筆時】(財)児童育成協会こどもの城 小児保健部室長

井口由子

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

しつけ
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。