Question

哺乳びんでミルクを上手に飲ませるには?

3ヵ月の女児で、混合栄養です。哺乳びんでミルクを与えると、途中で嫌がり、うまく飲んでくれません。上手に飲ませられる方法はありますか?

女性/20代

2022/01/28

Answer

ミルクを途中で嫌がり、思うように飲んでくれず困っているのですね。どうしたら飲んでくれるのか、お母様としては悩ましいことと思います。ミルクを飲んでくれない原因としてはさまざまなことが考えられますが、どのような工夫ができそうか考えてみましょう。


混合栄養の方法はいくつかありますが、母乳をあげた後にミルクを追加する方法の場合、母乳でおなかがいっぱいになれば、ミルクを飲まないことはあるかと思います。産後間もないうちは、母乳の分泌があまりよくなかったり、赤ちゃんが上手に飲めなかったりして、ミルクを足すこともあるかと思いますが、だんだんと赤ちゃんのちょうどいい量が分泌され、赤ちゃんも上手に飲めるようになってくれば、母乳だけで十分足りていることが考えられます。


生後2~3カ月頃になると、おっぱいと哺乳びんの乳首の違いなどさまざまな点から、母乳とミルクの違いを感じ取り、ミルクを嫌がる赤ちゃんもいます。この場合、母乳とミルクを交互に与えるやり方にすると、うまくいくことがあります。母乳が好きな赤ちゃんは、それでもミルクを嫌がることもあるかもしれませんが、その場合はお母さん以外の人にミルクを飲ませてもらうとうまくいくかもしれません。


生後3~4カ月頃の赤ちゃんは、周りの音や人の気配が気になったり、抱っこの仕方がしっくりこなかったり、暑い、寒いといった周囲の環境の違いにより、ミルクを飲まないことがあります。赤ちゃんが集中できる、心地よい環境のなかでミルクを与えるようにしてみましょう。


また、哺乳びんの乳首の穴の大きさや穴のタイプ、形はいかがでしょうか? 穴の大きさや穴のタイプは月齢や赤ちゃんの吸う力、嚥下能力などに合わせて選びます。1回の授乳で10~15分ぐらいかけて飲むことができる乳首が適しています。メーカーによって、乳首の形に違いがありますので、赤ちゃんが好むものを探してみるのも方法の1つです。ミルクの量を増やす工夫としては、哺乳びんの乳首のキャップの締め具合をゆるくしたり、気温が高いときはミルクの温度を低めにしたり、ミルクのメーカーを変えてみたりすることがあります。


どうしてもダメな場合は、今の時点では赤ちゃんの要求に応じて、母乳を飲ませてあげましょう。ミルクの場合は、哺乳量がはっきりわかるため、飲んでくれないと心配になるかもしれませんが、赤ちゃんが本当に空腹なときは、母乳やミルクを問わず飲んでくれるものです。


まずは、赤ちゃんが機嫌よく、体重が順調に増え、おしっこやうんちがきちんと出ていれば授乳量の不足はあまり心配ないかと思います。お母さんが心配し過ぎてミルクを無理強いしてしまうことのないように。親子ともに授乳は幸せな時間ですから、リラックスして授乳してくださいね。


地域の保健センターや、子育て支援センターなどでは、保健師、助産師、保育士などの専門スタッフに相談ができます。体重の増え方や、発育状況など、不安なことがあれば相談してみるとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

授乳
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。