Question

生活が楽ではないのに義母が無駄遣いをする

主人の母(88歳)のことで相談です。我が家は自営業なのですが、生活は楽ではありません。義母はそれを知ってか知らずか、寒くもないのにストーブをつけたり、水やガスの無駄使いをします。それなのに、一銭もお金を入れてくれません。どうしたらよいか教えてください。

女性/60代

2022/01/28

Answer

一緒に生活をしているお母様のことで、お悩みなのですね。とくに光熱費の部分が気になっているようですね。少しでも節約をしたい場合は、家族にもできるだけ無駄使いをしてほしくないと考えるでしょう。お母様から経済的な援助がないことも、そのように感じてしまう一因となっているのだと思います。


相談内容のなかで、生活が楽ではないという状況を、お母様は「知ってか知らずか」、無駄使いをしている、という部分が気にかかりました。知らない可能性もあるということは、今までお母様に、家庭の経済状況をきちんと伝えたことはない、ということなのでしょうか? まずは、その点をお母様に説明し、理解してもらうのが第一歩ではないかと思いましたが、いかがでしょうか?


おそらく、ご主人も同居していると思いますので、お母様に伝える前に、ご主人とよく話し合うことをおすすめします。あなたが経済面の心配をしていること、節約のために光熱費の部分でお母様にも協力してほしいと考えていることを、率直に伝えてはいかがでしょうか? その際には、お母様のことを責めたり、悪く言ったりするのは避けた方がよいでしょう。


また、お母様から経済的な援助を受けることは可能なのかという点も、ご主人に確認してはいかがでしょうか? 十分に話し合い、お母様にどのように伝え、何をお願いするかを夫婦で決めることが大切です。そのうえで、夫婦2人でお母様に、協力してほしいという気持ちを伝えるのがよいのではないでしょうか。


しかし、こういった話し合いでは、自分の意見をすべて相手に受け入れてもらえるとは限りません。人によって考え方は違いますので、ご主人やお母様の意見もあるでしょう。また、状況によっては、あなたが望む通りの対応がむずかしいこともあるかもしれません。例えば、お母様も経済面で余裕がない、体調が不安定で寒さを感じやすいなど、協力を求めにくいこともあると思います。ご主人やお母様の思いや事情にも配慮したうえで、協力を求める部分と求められない部分を整理していく必要があるでしょう。


ただ、高齢になると、それまでの生活習慣を変えるのは思いのほか、むずかしいものです。少しでも変化があればいいという程度に期待しておく方が、あなた自身が楽なのではないかと思います。協力してもらえていると感じたときには、感謝の気持ちを伝えると、お母様もより気をつけてくれるのではないでしょうか。


あなたや家族にとってよい方法が見つかり、笑顔で生活できますよう祈っています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。