Question

正面衝突され大けがしてから毎日悪夢をみる

信号待ちで停車中に、2tトラックに正面衝突され、全身打撲と頸椎捻挫などのけがをしてから、事故の夢を見るようになりました。その日はたまたま、子どもは乗っていなかったのですが、夢の中では後部座席のチャイルドシートに子どもが乗っていて、衝突され、子どもがフロントガラスを突き破って道路に投げ出されるのです。事故からもう10日ほど経ちますが、眠るたびに同じ夢を見て、怖くて眠れません。助けてください。

女性/30代

2022/01/28

Answer

2tトラックに正面衝突されるという、大きな交通事故に遭われたのですね。信号待ちの停車中とのことですから、日常的な場面でもあり、まさかそんなできごとが起こるとは、夢にも思っていなかったことと思います。衝突の衝撃も、かなりのものだったことでしょう。全身打撲や頸椎捻挫など、ひどいけがをされたのですね。一日も早く回復されるよう願っています。


事故の日から10日ほど経つということですが、毎晩事故の夢を見ているとのこと。事故を再体験するだけでも恐ろしいですが、夢のなかではさらにお子さんが同乗していて、衝突の衝撃でフロントガラスを突き破って道路に投げ出されてしまうという、何とも耐え難い状況になっているのですね。夢とはわかっていても、また今晩も同じ夢を見るのではないかと思うと、怖くて眠れないというお気持ちもよくわかります。


私たちは、災害や事故などで強い恐怖を体験すると、誰にでもさまざまなストレス反応が見られます。そのできごとが、生命の危機を感じたり、重傷を負うようなものであったりして、強い恐怖を感じれば感じるほど、心の傷は大きくなるといわれています。ストレス反応のなかには、寝つけない、途中で目が覚める、悪夢や事故のフラッシュバックにより睡眠が阻害されるなどの睡眠障害のほか、不安感や落ち着かなさなど、感情面・身体面・行動面において、実にさまざまな反応が見られます。また、その反応の種類や出現のタイミングは人によって異なりますが、4週間近くつづくこともあります。


このさまざまなストレス反応は、衝撃的なできごとに対して、何とかそれを乗り越えていこうとする、自然な心の働きの1つです。このような衝撃的なできごとがあったときに、大きなショックを受けるのはむしろ正常なことであり、あなたの心は今、この事故のショックをきちんと受け止め、乗り越えようとしているところなのです。


しかし、今は毎日悪夢が続いていて、眠るのが怖くなってしまっているのですよね。眠れないことで日常生活に支障が出ていたり、事故から目安として2週間から1カ月が経っても眠れない状況が変わらなかったり、日を追うごとにつらさが増したりするような場合は、早めにメンタルクリニックなどの専門機関で現状を話して、相談するようにしてください。くれぐれも、1人でつらさを抱えて、耐え続けることのないようにしてくださいね。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。