Question

上司が求める働きができず、体に異変

仕事で上司が求めるような働きができず、よくしかられます。わからないことがあっても「わからない」と言える雰囲気ではないため、また失敗してしまうこともあります。食欲減退、体重減少、喫煙量増加、さらに円形脱毛になりかけていて、眠れるのですが熟睡した感じはありません。一過性でしたが、昨日、両手にしびれを感じました。退職したいのですが、今退職すると周りに多大な迷惑をかけてしまいます。一度受診するべきでしょうか?

男性/30代

2022/01/28

Answer

職場で上司に求められている働きができずに、しかられてしまうことがよくあるのですね。わからないことがあっても、そう言い出せる雰囲気ではないということですから、求められていること自体を確認するのもむずかしいのだと思います。不確かなままやったことで、また失敗してしまうなど、悪循環になっているように感じました。厳しい環境のなかでつらさを抱えながらも、何とか仕事を続けていらしたのですね。ご自身でも、よくがんばってきたことを、しっかりとねぎらってあげてくださいね。


今は食欲や睡眠といった生活の基盤にも変化が生じていて、喫煙量も増加しているのですね。円形脱毛になりかけていたり、一過性ではあったということですが両手のしびれまでも感じたりしたとのこと。心身の広い範囲で不調が見られ、日常生活に支障が生じているようで、大変心配です。つらい状態に無理を重ねてしまうことで、状況がより悪化してしまう恐れもありますので、できるだけ早い時期に受診して、医師に相談されることをおすすめします。ストレスから症状が出ていると考えられる際には、心療内科やメンタルクリニックを受診するとよいでしょう。そのうえで、手のしびれや脱毛について、医師から必要があると判断されれば、それぞれの専門医での精査を受けるとよいと思います。


また、退職について考えるほど、追い詰められた気持ちになっているのですね。心身ともにつらい状態にあるときは、プラス思考やポジティブな発想にたどりつくことはむずかしく、どうしてもネガティブな考え方になりがちです。しかし、本来の自分の考えではないことが多いので、そのようなときに大きな決断をするのは、避けたほうがよいでしょう。まずは、いったん決断を先送りにし、主治医とよく相談しながら、しっかりと休養をとることを優先してください。今後について決断をするのは、心身ともに余裕をとり戻してからでも遅くはありません。


なお、職場の悩みについて上司に相談しづらい場合は、さらに上の上司、産業医や産業保健スタッフなどが力になってくれる場合があります。ぜひ、相談先の1つとして心にとどめておいてくださいね。また、くわしい内情はわからなくとも、家族や友人など気の置けない方々に話をしたり、気持ちを聞いてもらったりすることで、心が少し楽になることもあります。1人で悩みを抱え込み、つらい状況がつづくことのないよう願っています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。