Question

気疲れして不調だが受診に踏み切れない

気をつかいすぎてしまう性格で、毎日疲れきっている状態です。不安感や緊張感など、うつの症状に当てはまるところがあると思っていますが、なかなか受診する勇気がありません。最近、生理がこない月があったり、手足の汗がかなり多くなったりといった症状が気になっています。一体どうしたらよいのでしょうか?

女性/20代

2022/01/28

Answer

気をつかいすぎて、毎日疲れきってしまっているのですね。最近では、不安感や緊張感といった心の症状に加え、生理が来ない、手足の発汗が増えるなど、からだの症状も出ているとのこと。生活のなかでも気になる場面が多く、何とかしたいというお気持ちからご相談くださったのだと思います。


本当は、そこまで気をつかわなくてもよいと自分でもわかっているけれど、つい気をつかいすぎ、がんばりすぎてしまっているようです。頭ではわかっていても、うまくいかないと、つらいですよね。新しい環境に移ったときや、何かのきっかけで自分に自信をなくしたときなどに、周囲からどう思われるかが気になり、必要以上に気をつかうこともありますが、あなたの場合はいかがでしょうか? 周囲からマイナスの評価をされないように気をつかって行動しても、そのような状態のときはポジティブに考えるのがむずかしいため、いくらがんばっても安心できない悪循環に陥ってしまうことがあります。


評価の基準を相手に置くと、自分はどう評価されるのかが、常に気になる状態となります。まして基準は人それぞれですから、すべての人からよい評価を得るのはむずかしいでしょう。それにもかかわらず、全員からよい評価をもらおうとすると、がんばりすぎて疲れてしまうことに。評価の基準を自分に置くことを意識し、自分が本当はどうしたいのかを考え、行動を選択していくうちに、人に気をつかいすぎず、自信をもって過ごしていけるようになるかもしれません。また、家族や友人など、気の置けない方々に話してみると、気持ちをわかってもらえたり、客観的なアドバイスをもらえたりして、ヒントになることもあります。


文面から、毎日気を張りつめて、過ごしている様子が伝わってきました。少しでもリラックスして過ごす時間をとったり、腹式呼吸など、自分が落ち着ける方法を探したりしてくださいね。手の汗については、意識すればするほど出てしまうものだと思いますから、あまり気にしないほうがよいでしょう。気にしないというのもむずかしいですが、何か別のことを考えたり、ほかのことに集中したりすると、その間は考えなくてすむものです。


受診も考えたけれど、少し勇気が出ないところもあるのですね。ご自身での工夫で、少し楽に過ごせるようになればよいのですが、つらい状態がつづく場合は、やはり1人でがんばりすぎず、専門家のサポートを受けることをおすすめします。生理不順もあるとのことですので、もし精神科や心療内科への受診にハードルが高いと感じる場合は、まず婦人科を受診し、症状の相談をしてみてはいかがでしょうか? 少しでも気持ちよく、毎日を過ごせるように願っています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。