Question

映画を観ると気持ちが悪くなる原因は?

10年ほど前、映画館で少し光が強い(パシャパシャっとフラッシュがついたような映像)を観て気持ちが悪くなり、吐いてしまったことがあります。それがトラウマになり、以来映画館へ行っていなかったのですが、リベンジで昨年から3回観たのですが、やはり気持ちが悪くなり、手に汗をかきました。刺激の強い映像がないものを観ても同じです。原因はなんでしょうか?

女性/30代

2022/01/28

Answer

映画館で映画をご覧になると、気分が悪くなるなどの体調不良が表れるのですね。


映画館では、ふだんの生活ではあまり体験しないような刺激(映像や音)を受けます。


10年ほど前に、テレビである特定のアニメをご覧になったお子様が、次々に体調を悪くし、救急車で搬送されたという事件があったことをご存知でしょうか。


子どもたちが体調を悪くした原因は、暗い部屋でテレビの画面から流れるさまざまな光が、目で見た情報を脳へ伝えるための神経系を刺激して表れた症状だと考えられています。


相談者様に器質的な眼の問題(病気)がなく、映画館という特定の条件でのみ表れる症状でしたら、暗い館内で大きなスクリーンから映し出される“光”刺激によって、神経系が過敏に反応して表れた症状かもしれません。


器質的な眼の病気では、このように特定の条件下のみで症状が表れるということはあまりありません。


しかし、映画館で鑑賞するたびに症状が表れるようでしたら、一度は眼科を受診され、器質的な眼の病気(問題)がないかを確認しておいたほうよいでしょう。


受診の際は、一般の近医眼科では神経系を確認するための検査設備が不十分であるため、神経系の専門科である脳神経外科があり、さまざまな検査機器が充実している総合病院の眼科を受診されることをおすすめします。


器質的な眼の病気(問題)がない場合には、体質的に光刺激に敏感であると考え、症状を予防するためには、暗い室内での映像の鑑賞(映画館での鑑賞)を控えたほうが無難でしょう。


回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。