Question

矯正を始める時期

永久歯が生えはじめ、乳歯と永久歯が混在していますが、歯並びが悪く心配です。矯正はいつごろから始めるとよいのでしょうか。

女性/40代

2022/01/28

Answer

基本的に矯正治療は何歳からでも始められますが、歯並びや口元・かみ合わせの問題は、歯の土台となるあごの形や大きさが複雑に関係します。また、歯やあごの状態以外にも、症状、年齢、心の問題なども含めて治療のタイミングを考える必要があります。


矯正治療は、治療の時期と内容で「早期治療」(1期治療、混合歯列期の治療)と「本格治療」(2期治療、永久歯列期の治療」に分けられます。


早期治療は主に7~9歳ごろ、まだ乳歯だけだったり、乳歯と永久歯が交じり合った時期(混合歯列期)に行います。早期治療を行うことで、本格治療を行う必要がなくなったり、負担が軽減できる、あるいは、早期治療を行わないと歯の状態の悪化が予想される、将来のあごの発育に影響を与える可能性のある場合などに検討されます。


本格治療は、永久歯が生えそろってから(永久歯列期)行います。早くても小学校高学年からで、大人の矯正もこれに含まれます。永久歯のよいかみ合わせと歯並びを得るために、矯正器具を用いて治療を進めていきます。歯科医師の定期的な診察を受け、最適な矯正時期・方法を考える必要があります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

歯並び
発育
子どもの歯
矯正歯科
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。