Question

プロラクチン値を下げる治療の副作用

不妊検査で、プロラクチン値が高いと指摘されました。治療の内容と起こり得る副作用を教えてください。

女性/30代

2022/01/28

Answer

プロラクチン値が高い場合、薬物療法が行われます。薬剤としては、ブロモクリプチンやテルグリドなどのドーパミン作動薬が用いられます。

副作用としては、消化器系や心血管系に影響を与えることがあり、吐き気や下痢、めまい、頭痛、疲労感などを起こす場合があります。これらの薬剤が胎児に与える影響はわかっていませんが、妊娠が確認された時点で服薬を中止するのが一般的です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

不妊
副作用
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。