Question

経鼻上部消化管内視鏡検査で使われる薬剤

鼻から行う上部消化管内視鏡検査のときに使われる薬剤には、どのようなものがありますか。

女性/40代

2022/01/28

Answer

鼻から行う上部消化管内視鏡検査では、検査前の処置として、2つの薬を使います。

まず、ガスコンという胃をきれいにする白い液体の消泡剤を飲みます。次に、鼻の通過をよくする薬(プリビナなど)の薬を点鼻・噴霧します。

このあと、鼻の中の麻酔(キシロカインなど)が行われます。麻酔方法にはスプレーを使う方法やスティックを使う方法があり、医療機関によって異なります。

また、患者さんの状況によって、のどの麻酔(キシロカインスプレー・ビスカス)を追加することもあります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

胃がん
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。