Question

超音波検査でわかること

超音波検査(エコー)では、どのようなことがわかるのですか。

女性/40代

2022/01/28

Answer

人には聞こえない高い周波数を超音波といいます。超音波検査は、一定方向に直進して、何かにぶつかると反射するという超音波の特性を利用して、臓器や組織の状態を画像化し、病気の診断を行います。

超音波検査では、肝臓や胆のう、膵臓、腎臓、膀胱、子宮、卵巣、甲状腺、乳腺、心臓、血管などの形態や動き、腫瘍や炎症、ポリープや結石の有無、その大きさや深さ、血流などを調べることができます。

なお、超音波は液体や固体を透過しやすい性質をもつため、水分が少なく空気が多い臓器である肺や胃、腸などは観察しにくいといわれています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

計測
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。