Question

クラゲに刺されたときの対処法

クラゲに刺されたときの処置法について教えてください。

男性/30代

2022/01/28

Answer

クラゲは触手に数千の針(刺胞)を持っています。刺されると痛みやかゆみをともなった湿疹が現れ、膿の入った水疱になり、破れることがあります。刺したクラゲの種類によって重症度はさまざまですが、脱力、吐き気、頭痛、筋肉の痛みとけいれん、過剰な発汗、呼吸時に悪化する胸の痛みなどの症状を起こすこともあります。また、カツオノエボシとハコクラゲに刺された場合、死に至る場合があることがわかっています。

クラゲに刺された場合の一般的な処置法を紹介します。

まず、こすらないように注意しながら、海水で患部を洗います。このとき真水や温水は使わないようにしてください。

触手などが残っていたら、ゴム手袋などを使って取り除きます。

最後に、食酢に30秒ほど浸します(ただし、カツオノエボシによる刺し傷では、酢は使用してはいけないとの情報もあります)。

そして、できるだけ早く医師の診察を受けることをおすすめします。クラゲの種類によっては、対処法が異なる場合もあります。さらにくわしく知りたい場合は、専門医にご確認ください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

アナフィラキシーショック
応急処置
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。