Question

歯の色が悪くなる抗生物質とは

抗生物質を服用すると子どもの歯の色が悪くなると聞きました。どのような薬ですか。

女性/30代

2022/01/28

Answer

子どもが服用することで、歯の色が悪くなるなどの可能性がある薬は、テトラサイクリン系抗生剤です。とくに、歯牙形成期にある8歳未満の小児が服用した場合、歯牙の着色やエナメル質の形成不全、一過性の骨発育不全を起こすことがあります。


テトラサイクリン系抗生剤の代表的な薬は、ミノサイクリン塩酸塩とドキシサイクリン塩酸塩水和物です。これらの薬は、肺炎や尿路感染症、中耳炎など、さまざまな感染症に適応がありますが、添付文書には、小児への投与は「他の薬剤が使用できないか、無効の場合にのみ適用を考慮すること」と書かれています。詳しくは、かかりつけ医に相談されることをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

発育
子どもの歯
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。