Question

なぜ大晦日にそばを食べる?

大晦日にそばを食べるのはどうしてですか。

女性/20代

2021/12/21

Answer

江戸中期から始まった「年越しそば」。そもそも江戸時代は、毎月最後の日を晦日と呼び、そばを食べる風習がありました。大晦日に食べる理由として、そばは切れやすいことから今年一年の厄災を断ち切るため、そばが細く長いので長寿を願って、金細工師が金粉を集めるのにそば粉を使ったことから金運上昇を祈願してなど諸説あります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。