Question

ネットショッピングで決断できない

どれにするか決められず、ネットを眺める時間が増えています。決めきれずにいる自分にもイライラして、買い物に疲れてきました。どうしたら決められるようになるのでしょうか?

女性/50代

2021/12/21

Answer

いつまでも迷い続けていると、悶々として、脳が休まる間もなく消耗してつらいですね。私たちは玉石混交の膨大な情報があふれかえった世界に生きています。家にいてもネットにさえつながれば、欲しい情報が瞬時に手に入る便利な世の中です。ネットショッピングで、たとえば「マスク」と入力して検索キーを押せば、何ページにもわたり「マスク」が表示されます。たしかにどれも「マスク」ですが、微妙に違いがあります。その膨大な微妙な違いのある「マスク」から、どれか1つを選択しなければならないのです。


人間は利得よりも損失を大きく嫌う生き物だということがわかっています。ですから選択して買ったもの(利得)よりも、選択せずに買わなかったものや選択して失敗したこと(損失)のほうに、注意が向いてしまう傾向があるのも無理はないのです。迷うのもある意味当然です。


決めきれないときは、まず自分にとってなくてはならない条件を出し、それに優先順位をつけて候補を絞ってみてはどうでしょうか。「マスク」なら、素材、フィルター、枚数、大きさ、値段、ユーザーの高評価などのうち、どれが自分にとって外せない条件なのかということを考えます。


ただ、こうして絞ってみても膨大に候補が残っていることもよくあるでしょう。逆に言えば、ある程度絞った上でも甲乙つけ難く迷うとしたら、その中からはどれを選んでも大丈夫だということです。もしその結果が、失敗だったとしても「失敗から学ぶこともある」と考えることもできます。「こんなはずではなかった」という思いが勝ってしまったときは、「次の機会はどうするか」と視点を切り変えられるとよいですね。


なかなか決められないということは、裏を返せば慎重であるともいえます。ただ自分を消耗させるほどの慎重さなら、「まぁいいや」と少し和らげて、時には思い切って決断する練習をしてみましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

性格の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。