Question

義実家に足を運ぶのが苦痛

近所に住む義母から何かにつけて呼びつけられ、近所の人の悪口や義父のぐちを聞かされます。電話も頻繁にかかってきます。たまに断ったりすると「専業主婦だから暇でしょ」と決めつけられてしまいます。働きに出たい気持ちはありますが、まだ決心がつきません。今後、義母の言動がエスカレートして同居を望まれたらどうしようかと、今から気が気ではありません。

女性/40代

2021/12/21

Answer

夫の実家との付き合いは、物理的にも心理的にも「程良い距離があること」が一番だと考えられています。あなたの場合、「実家が近くであること」が、苦しさを深めているのだと思われます。「行くのは嫌です」「電話もしないでください」と、正直に断ることができたら、どんなに楽だろうと思っていても、ほとんどの場合、実際に伝えることはできませんよね。面と向かって拒絶することができないのは、致し方ないところです。


あなたの心の中には「夫の親なのだから大事にしなければいけない」「言われたことには従わなければいけない」という固定観念があるのではないでしょうか。親を大切にしたいという気持ちは、すばらしいことです。しかし、このままでは、お義母さまのペースに巻き込まれ、あなた自身の生活が脅かされてしまう可能性もあります。大切だからこそ、近くにいるからこそ、より適切な距離感が必要となりますので、今後のお義母さまとのかかわり方について考えてみたいと思います。


お義母さまに「どうせ暇なのだから」と決めつけられていることを逆手にとり、働いてみたかった思いを思い切って実現させることも一案です。もちろん「義母から逃れるために働く」のではなく、「自分のため、家族のために働く」という気持ちで臨むことが大切です。そのうえで「仕事を始めることになったので、今までのようには訪問できません」「電話にも出られないことが多くなります」などと、あらかじめ伝えておいてはいかがでしょうか。働きに出ることに限らず習い事などでも、お義母さまに納得してもらいやすい理由になるでしょう。また、ここでお義母さまと一旦距離をおくことで、二人の関係をより客観的に見られるようになるはずです。


あなたが不安に思っている「義両親と同居するか否か」については、今後のあなたの家族の生活を考えるうえで、とても重要な問題であり、あなた一人で抱えるものではありませんよね。これを機に、ご主人と「親の介護」や「同居問題」など将来へむけた課題について話し合っておきましょう。その際に「義両親が望むこと」を、夫からさりげなく聞き出してもらうなど二人で協力することで、後々のもめ事が少なくなると思います。


ご主人の立場からすれば、あなたが「自分の親を大切にしてくれている」ことは、とてもありがたいことです。言葉にはしなくても、きっと感謝していることでしょう。これからも自分を犠牲にすることなく、ご主人と相談しながらお義母さまとかかわっていけることを願っています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。