Question

何かと干渉する母親にうんざり

社会人になったのを機に、実家を出て一人暮らしを始めましたが、母が頻繁に電話をしてきては、しつこく様子を聞きたがるため、うんざりしています。母は結婚が早かったせいか、「そんなに仕事ばかりして、どうするの?」 、「早く結婚しなさいよ」とまで言うようになり、仕事にやりがいをもっている私は、頭にきて喧嘩になってしまいます。今まで仲良くやってきた母だけに、反抗的になる自分に罪悪感をもってしまいます。(30代女性)

女性/30代

2021/12/21

Answer

幼少期から学生時代まで、身の回りの世話だけではなく、さまざまな場面で助けてくれた親は、とても大きくありがたい存在です。特に娘であるあなたは、母親を頼りに密接な関係を保ちながら、何かと相談にのってもらってきたことと思います。しかし、社会人となり、家を出たことによって自立心が芽生えてくると、一転、何かにつけ干渉してくる母親に、うんざりする気持ちが抑えられなくなるものです。今は「どうして、いつまでも子ども扱いするのか」という反発心でいっぱいなのではないでしょうか。親にとって、子どもは、いくつになっても心配で、世話を焼きたくなるものだと思います。


自立しようとするあなたに対して、なぜ、お母さまは干渉してくるのでしょうか。若くして結婚し、家庭に入ったお母さまは、社会経験が少なく、仕事に夢中になっているあなたの気持ちを理解することができないのかもしれません。また、仕事をしたくてもできなかった事情があったとしたら、いきいきと働くあなたを、うらやましいと感じている可能性もあります。あなたには、まだまだ助けが必要と考えているお母さまには、仕事にばかり向き合っている現在のあなたを受け入れることは、とてもむずかしいことだと考えられます。


お母さまにうんざりするあまり、「母親に仕事の話をしても意味がない」と考え、今まで口を閉ざしてきませんでしたか? 人は、相手が話してくれないと、ますます聞きたくなるものです。そこで、実家に帰る日や、電話をかける間隔を自分なりに決めて、あなたのほうから率先して、今取り組んでいる仕事について、話してみてはいかがでしょうか。あなたがどんなに仕事をがんばっているか、やりがいを感じているか、知ってもらうことで、お母さまに安心してもらうとともに、あなたの成長も感じてもらえると思います。


また、実家に帰ったときには、料理など家事全般の知識や知恵について、教えてもらってはいかがでしょうか。お母さまから学べることは、まだまだたくさんあるはずです。あなたから頼りにされることで、お母さまの気持ちが安定し、落ち着いた関係が築けると思います。


あなたに必要とされることが生きがいになっていたお母さまにとって、あなたの自立を応援しようという気持ちよりも、離れていく寂しさのほうが勝っているのかもしれません。お母さま自身も「子離れをする」という試練を抱え、葛藤しているのです。お母さまがそんな現状を受け入れるには、時間も必要です。仲良くすることだけが、親子の関係を良好にしていくわけではありません。ほど良い距離をとることに罪悪感を持たず、お互いの生き方を認める良い機会だと考えて、お母さまに接してみてください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

親の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。