Question

婚活がうまくいかず、焦る毎日

この年齢まで無我夢中で仕事に取り組んできましたが、30歳を過ぎ、周囲を見渡すと、友人や同僚が結婚や出産を迎えていました。慌てて婚活を始めましたが、何度足を運んでも、なかなか相性のよい男性とめぐり合えず、活動することに疲れてしまいました。このまま婚活を続けても、結婚に結び付かないのではないかと、焦るばかりの毎日です。

女性/30代

2021/12/21

Answer

入社以来、あなたなりに一生懸命仕事に打ち込んできたのに、その結果、周囲の仲間から置き去りにされてしまったような感覚なのでしょうか。お気持ちはよくわかります。

しかも、婚活に対しても熱心に取り組んでいるのに、なかなか結果が出ないとなれば、自信を失くし、落ち込むのは当然のことだと思います。人は失敗体験が続くと「もう、だめかも…」と、絶望的な気持ちになってしまうものです。さらに、周囲が成功しているとなれば、当然、焦りも出てくることでしょう。


数年前から「婚活」という言葉が使われはじめ、現在では、ごく当たり前の言葉として使われています。婚活に励む人がたくさんいる一方で、婚活に熱中するあまり、活動することに疲れ果ててしまう人も多く、「婚活疲れ」から「婚活うつ」にまで発展してしまうケースもあるようです。特に女性は、出産のことを考えると年齢的なリミットがあり、男性よりもプレッシャーを感じざるを得ず、婚活疲れに陥ることが多いと言えます。


婚活とは、本来は幸せを求める前向きな活動でありながら、必ずしも成功するという保証がないため、先の見えない長い戦いであるとも言えます。だからこそ、戦うエネルギーが必要となります。エネルギーが消耗すれば、活動すること自体が困難になります。また、戦い方そのものを見直す必要があるのかもしれません。ここはひとまず、疲れたこころとからだを休めて、自分自身を振り返ってみることをお勧めします。


一生懸命なあなたは、婚活に熱心になればなるほど婚活に支配されてしまい、婚活以外の生活や楽しみを忘れてしまってはいませんか?以前から楽しんでいた趣味や、友人との食事や語らいなど、婚活以外の活動を置き去りにしているかもしれません。婚活を少し忘れて、あなたがこころから楽しめる場に、ぜひ足を運んでみてください。とても新鮮な気持ちになれることでしょう。そして、そのような場を通じて、こころもからだもリフレッシュされ、磨かれていくことで、ご自身の魅力がアップすることにもつながるでしょう。


また、婚活を意識することで、「結婚する」ことだけにこだわっていませんか?長い人生を考えれば、結婚は決してゴールではないはずです。あなたは、結婚した後、どんな生活を送り、どんな生き方を望んでいるのでしょうか。そこまで視野を拡大することで、焦らず、自分を見つめ直すことができるかもしれません。こころを落ち着かせ、からだを休ませたら、再スタートしてみましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

婚活
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。