Question

妻から離婚と言われた

自分の性格は大雑把ですが、妻は几帳面で思い通りにならないと機嫌が悪くなり、口をきいてくれません。子どもへの接し方も「パパが甘やかすから」と怒られます。妻の機嫌が悪いときは下手に出て、雪解けを待つように妻の態度が軟化するのを待っています。最近「離婚する!」なんて言われてしまい、どうすればよいのか困っています。

男性/30代

2021/12/21

Answer

仕事で疲れて帰宅したわが家が、奥様の顔色を見ながら過ごす場所というのでは、身の置き所がなくてつらいですよね。ましてや離婚という言葉が出てくると、驚きのあまり、どう身動きすればよいのかわからなくなりますね。その言葉が最後通牒とは限りませんから、落ち着いて何が起こっているのか状況をしっかり把握してみましょう。


まず、奥様の機嫌が悪くなるのはどのようなときでしょう。子どもが言うことを聞かないとき、家事に追われて疲れているときなど、こころに余裕がないときではありませんか。それとも、奥様の嫌がることをあなたが知らず知らずに行っていたのでしょうか。もし、思い当たることがあるならば、日頃のあなたの言動に業を煮やして、「離婚」という言葉が出たのかもしれません。見方を変えれば、「このままじゃまずいですよ」という奥様からのサインとも考えられます。


となると、日頃の振る舞いを見直すことがヒントになります。奥様の機嫌を損ねないように努力するのも1つですが、奥様が笑顔で過ごしているときのあなたの振る舞いを思い返してみましょう。そこから、奥様があなたに夫として、父親として、どのように行動してほしいと思っているのかがわかれば、しめたものです。お子さんへの接し方では、仕事が忙しくてお子さんと一緒にいる時間が少ないと、奥様ばかりが叱り役になり、「いつも私が子どもを叱ってばかりで嫌な役回りをさせられている」と、あなたへの不満がたまることにもなります。父親としての威厳も子育てには必要ですから、役割分担を奥様と話し合われてはいかがでしょうか。


そして、ときには、家庭を切り盛りしてあなたが仕事に専念できるようにサポートしてくれている奥様に感謝の言葉を伝えてみてください。頑張っていることを理解してくれる夫の存在は、奥様にとって心強いものです。照れ臭いでしょうが、言葉にしないと伝わらない思いもあります。きれいな言葉である必要はありませんから、感謝の気持ちを伝えてみましょう。


気をつけたいことは“時間が過ぎれば何とかなる”と、何もしないことです。雪解けを待っているつもりが、気づいたら万年雪になっていたということでは挽回するのが大変です。仕事で疲れていると、頭ではわかっていても動けないこともありますから、ここぞというタイミングを逃さずに接してみてください。


家族の笑顔は元気のもと。ストレスの多い仕事を頑張る原動力であり、こころの支えです。仕事の活力を養う、居心地のよいわが家づくりに奥様とともに取り組んでください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

パートナーの悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。