Question

すぐにイライラしてしまう

ほんの些細なことでも、すぐにイライラしてしまいます。腹が立つことだけではなく、不安なできごとや怖いことなども、イライラへとつながってしまいます。情緒不安定なのだと思いますが、何をしてもイライラにつながってしまい、楽しい気分が持続しません。どうすればよいのでしょうか。

女性/40代

2021/12/21

Answer

何に対してもイライラしてしまうとのこと。腹が立つことだけでなく、他の状況でもイライラを感じるようですから、楽しい気分が続かないのは無理もないことです。


まずは、楽しい気分で過ごす方法を考える前に、あなたの「イライラ」の原因を考えてみましょう。イライラを感じる理由のひとつに、「こころにゆとりがない」ということがあります。心配ごとがあったり、体調が悪かったりすることで、こころにゆとりがないと、不安は不安として、怖いことは恐怖として素直に受け入れる前に、その不安や怖さをもたらす対象に対して、「イライラ」だけを感じてしまうのです。


こころの内をのぞいてみてください。ところ狭しといろいろな考えや思いが詰まってはいませんか。もし、ギュウギュウに押し込まれた状況で、こころにゆとりがないのであれば、その詰まっているものを一つひとつ取り出して並べてみましょう。実際に書き出してみることで、整理しやすくなるかもしれません。


どんなものが並んだでしょうか。例えば、仕事上のトラブルや責任感からの重圧、今後のキャリアや将来への不安、家のローンなどの経済的問題、子育てや母親同士の付き合い、あるいは夫婦間のコミュニケーションや嫁姑関係の問題などがあるかもしれません。まずは、これらに優先順位や難易度をつけながら、一つひとつ整理していく必要があります。そうは言っても、こころの整理はひとりではむずかしいものです。信頼できる友達に、手伝ってもらうのもひとつです。もし、身近な人に知られたくなければ、こころの専門家であるカウンセラーを頼る方法もあります。安心して相談できる方を見つけてください。


こころにゆとりが戻ってくれば、今とは違った景色が見えてくるはずです。腹が立てば、腹が立つことに対処しようとするでしょうし、生活の中で感じる喜怒哀楽もそのまま受け入れることができるでしょう。そして、「怒」「哀」を感じても、それを「楽」で癒すこともできるようになります。


最後に、楽しい気分というのは「一筋の光」でもあります。こころの中に隙間がなければ、光が射し込むスペースもないでしょう。まずは、そんな光が入るスペースを作ってあげるだけでも十分です。焦りは禁物。ギュウギュウに詰め込まれたものを一気に引き出せば、雪崩が起きてしまいます。少しずつこころの内を整理していってください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

感情コントロール
性格の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。