耳に異物が入った

最終編集日:2022/3/30

耳に異物が入ったときには、入ったものに応じた方法で除去を試みます。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・破片などのとがったものが耳に入った
・昆虫などの生き物が入って除去できない
・耳から出血している
・耳に強い痛みがある


医療機関を受診

数日たっても次のような症状がある場合は受診を検討します。
・耳が聞こえにくい
・耳鳴りがする
・耳に水がたまったような感覚がある
・うみのような耳だれが出る


様子をみる

・異物が取れ、その後は落ち着いている


セルフケア

耳に異物が入ったときには、まず入ったものに応じた方法で除去を試みます。虫が入った場合には入ったほうの耳を上にし、懐中電灯などの光をあてて誘い出す、ぬるま湯を少しずつ耳に注いで浮き出させる、などの方法で虫が自然に出てくるのを待ちます。ゴミや水が入った場合には入ったほうの耳を下にして片足で跳び、振動によって異物を振り落とします。
そのほか、耳掃除の際に綿棒の先が抜けて耳の中に残ってしまったというケースもよくみられますが、どの場合にもピンセットなどを使って無理に取り出そうとしてはいけません。耳の中を傷つけて感染症を起こしたり、異物を奥へ押し込んでしまったりする原因になります。
前述の方法で除去できなかった、ガラスの破片など、動かすだけで耳を傷つける恐れのあるものが入った場合には、耳鼻咽喉科を受診して除去してもらいましょう。

監修

東京医科大学 医学教育学分野 准教授 東京医科大学病院 総合診療科

原田芳巳

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。