鼻に異物が入った

最終編集日:2022/3/30

鼻に異物が入ったときには、入っていないほうの小鼻を押さえて強く鼻をかみます。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・強い痛みや出血がある
・激しいせきが出ている
・呼吸が苦しい


医療機関を受診

数日たっても次のような症状がある場合は受診を検討します。
・異物が入っていたほうの鼻に痛みや腫れがみられる
・悪臭を伴う鼻水が出る


様子をみる

・異物が取れ、その後は落ち着いている


セルフケア

鼻に異物が入ったときには、異物が入っていないほうの小鼻を指で押さえ、口を閉じて勢いよく鼻をかみます。1回で除去できない場合には何回かくり返してみましょう。この方法で異物を除去できなければ無理に取り出そうとせず、耳鼻咽喉科を受診します。ピンセットや指で取り出そうとすると、かえって奥へ押し込んでしまう場合があり、鼻の内部を傷つけたり、異物が気道に詰まったりする恐れがあります。
大人の場合、鼻に異物が入るのはほとんどが不可抗力によるものですが、子どもの場合には自分でおもちゃなどを鼻に入れてしまうことがあります。入れたものを取り出せずに放置しているケースも多く、その場合には片方の鼻詰まりが続く、異臭のする鼻水が出るなどの症状が現れます。
異物が入って時間がたっている場合には耳鼻咽喉科へ連れていき、除去と治療をしてもらいましょう。

監修

東京医科大学 医学教育学分野 准教授 東京医科大学病院 総合診療科

原田芳巳

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。