ものがぶつかった、刺さった

最終編集日:2022/3/30

目に物がぶつかったり刺さったりしたときには、タオルなどで患部を保護して眼科を受診します。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・ひどい痛みや腫れがある
・出血している
・物が二重に見える
・視力が低下している
・植物のとげや毛虫の毛が刺さった
・釣り針が刺さった
・熱をもった涙が出る


医療機関を受診

数日たっても次のような症状がある場合は受診を検討します。
・痛みはないが、目がゴロゴロする
・視界が暗い、またはまぶしいと感じる
・物がゆがんで見える
・目の充血が続いている


様子をみる

・患部に痛みや腫れがなく、視力にも異常はない


セルフケア

スポーツをしていてボールなどが目にあたったり、どこかに激しく目をぶつけたりしたときには、ぬらしたタオルなどでまぶたの上から目を冷やします。出血があっても強く押さえてはいけません。できるだけ眼球を動かさないようにし、安静な状態を保ちながら眼科を受診しましょう。
飛んできた木片やとがった異物が目に刺さったときには、洗面器などにためた水のなかに目を入れてまばたきし、異物の除去を試みます。目をこすったり手で取ろうとしたりせず、取れない場合にはタオルなどを軽く目にあてて眼科を受診してください。
目のけがでは直後にはたいしたことはないと思っても、時間がたってから異変を感じることがあります。けがが原因で網膜剥離(もうまくはくり)などを起こす可能性もあるため、物の見え方に変化はないか、経過に注意を払うことが大切です。

監修

東京医科大学 医学教育学分野 准教授 東京医科大学病院 総合診療科

原田芳巳

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。