かぶれた

最終編集日:2022/3/30

かぶれたときには原因となっている物質を取り除くことが重要です。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・息切れを感じたり、呼吸がゼーゼーしたりする
・意識が遠のいたり、めまいがする
・強い腹痛を感じたり、吐いたりする
・やけどのようなひどい症状がある
・赤みや腫れ、水ぶくれなどの発疹が全身に広がっている


医療機関を受診

数日たっても次のような症状がある場合は受診を検討します。
・赤みや腫れ、水ぶくれなどの発疹が引かない
・かぶれの範囲が広がっている
・患部をかきむしって化膿した


様子をみる

・時間とともに症状が引いてきた


セルフケア

いわゆる「かぶれ」は接触性皮膚炎ともいい、皮膚に触れた物質が刺激となって炎症を起こしている状態です。
原因となる物質には、植物や野菜などの自然由来のものやゴム製品などの日用品、金属、化粧品、薬品などさまざまなものがありますが、原因物質を特定できる場合にはそれを取り除くことが重要です。かぶれを起こしている部分を石けんでよく洗いましょう。かゆみがある場合には、タオルでくるんだ保冷剤などで冷やすと徐々に治まります。
原因物質を除去すれば、多くの場合は時間とともに症状が落ち着きます。24時間以上たっても赤みや腫れ、水ぶくれなどの発疹が引かなかったり、炎症の範囲が広がってきたりした場合には、かぶれだと自己判断せずに医療機関を受診してください。

監修

東京医科大学 医学教育学分野 准教授 東京医科大学病院 総合診療科

原田芳巳

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。